Make your own free website on Tripod.com
_

特別企画:スイスのモディファイ事情 Vol.2
Special thanks to calone.ch.


ご好評につき早々に打ち切った第一弾スイス特集。。。全く懲りずにさっそくPart2の登場です。今度はCARLONEの人が是非日本のアルファファンに見せてやってくれという逸品です。しかし今回も日本の正統派アルフィスタを激怒させかねない「クール」な仕上がり。。。CARLONEのデモカーでもある19×8.5J装着マシンです。でもかっこいいと思いませんか.....?僕は痺れました。。。ディープリムのメッシュホイールなので、うっかりすると国産VIP系セダンと同類扱いされそうですが、そこはベースが156だけあってVIPではなくあくまでもレーシーになっていると思います。 ちなみにこのマシン、サイドスカートレスですがなんだかいかします。ボディの絞り込みが完結する感じで悪くないと思いますがいかがでしょうか。

同じマシンを今度は横から。。。車高はちと落としすぎな感じですが、19インチ履いて車高が高めだと絵にならないし致し方ないのでしょうね。ホイールサイズ以外詳細が良く分からないのですが、このCARLONEはROMチューンとか一通りあれこれいじるみたいです。一応見てくれだけではなく(もしかすると)それなりに速い156に仕上がっているのでは。。。サイドから見てもスカートがないのが(僕には)妙に迫力あってかっこよく見えます。でもかなり下げているのとホイールが大径なのが効いてるんでしょうね。ノーマルでスカートレスだと「エレガント」路線に行きますもんね。正統派156ファンが白眼視しそうなマシンですが、でも決して156のボディラインの美しさを損なうような下品なモディファイではないと思うのですがいかがでしょうか.....?

この角度から見てもサイドスカートレスならではの美しさが引き立っているのではないかと思います。
それにしてもフロントタイヤとフェンダーのクリアランス、絶妙です。直線専用ドラッグレーサー???
タイヤハウスの内側はかなり削っているのかもしれませんがフェンダー切ったりはしてないようです。


おそらく今回の特集でもっとも顰蹙物はこれですね。たぶん日本のアルフィスタは絶対やらないでしょう!ホットロッドが大好きでその昔Daytona愛読していた過去のある僕もこれはやりません。。。前のページのマシンと違い、これってたぶん見てくれだけでロクに走らないんでしょうね。。。夜の街(スイスの繁華街?)を超低速で流して、ひょっとしたらウーファーがドンドコドンドンうるさい系の車なのかもしれません。。。もしかするとスイスのギャング御用達なのかも?国産でこの手のモディファイされた車よりはさすが156だけあって一応かっこいいですけど、、、やっぱりアメ車でやれよという気がいたします。。。しつこいですがこの車もサイドスカートレス。まさかすぐに擦ってしまって割れちゃうからつけないの???またしてもアルファっぽくない特集でしたが、最後まで読んでくださってありがとうございました!

Photo: carlone.ch