Make your own free website on Tripod.com
_

Alfafufu Special Issue
"Italian Tuned Alfa Romeo 156 by Cadamuro Design"




イタリアのCadamuro Designが156のエアロを開発中だと昨年9/21の日記でお伝えしましたが、遂に完成したようです。前回は写真抜きで紹介しましたが、今回はあちらのスタッフの方のご好意で写真自由に使えることになりました。

本家の156GTAはおとなしい外装ですが、こちらは気合の入った装いです。156の美しいデザインを生み出すのもイタリア人なら、それを過激に崩してしまうのも同じイタリア人なんですね。おそらく日本では賛否両論というか、否定する人の方が多いでしょうが、、、ここまで真面目に作ってしまうCadamuro Designからは目が離せません。






フロントで目に付くのはサイドグリルと一体成型っぽいグリルです。でも十分アルファっぽいですね。ボンネットのエアインテークも場所が後ろすぎなような気もしますが多分意味があるんでしょう。。。フロントスポイラーの穴はちゃんとブレーキまで通じている模様。その下の黒のアンダーが結構かっこいいと思います。こうゆうのアルファ用では少ないですね。独系だとアンダー付が結構あるのに。。。




フロント同様サイドにも黒いアンダーがつきます。連続した感じでいいですねー。このサイドスカートは写真で見る限りなかなかフィット感よさそうです。ホイールはOZですが17インチなのが惜しいです。これだけ見てくれ重視っぽいエアロなんだからホイールも18インチが似合いそうです。




内装は思ったより(?)まともです。。。黒をベースに赤と銀。。。シフトやサイドブレーキのブーツがシルバーというのはすごいですね。宇宙服かと思いました。シートはあくまでもリクライニング可能なもの。さすがイタリアンです。




後姿です。490ユーロの左右出しマフラーがポイントです。33特集の表紙でも似たようなマフラーが出てましたが少々えぐいですね。。。リヤウイングは可変タイプで、可動部分の材質はレジン、ケブラー、カーボンの3種類から選択可能です。また、フロント、サイド、リヤの黒いアンダー部分はちゃんとバラで買えるので安心です。


以上Cadamuro Designの力作でした。個人的には自分の156をコテコテにしようとは思いませんが、中にはこうゆう156もあったほうが楽しいですね。日本ではまだまだ入手可能なエアロなど種類が少ないので、今後どんどん選択肢が増えるといいなと思います。
興味を持たれた方は是非Cadamuro Designのサイト(www.cadamurodesign.it)でより詳細な情報をチェックしてみてください。


Copyright(c)2001/2002 Atmediatech di Davanzo Andrea