Make your own free website on Tripod.com
_

Sorry, this section is now being translated into English.

散々争ったあげくにようやく購入した我が家の156。実際に愛車にしてみるとどんな車なんでしょうか。
購入後のちょっとした印象を妻が紹介します。


<慣らし運転中>

走行距離が2000kmを越えたところで5000回転以上回してみました。
感想としては「やっと走る車らしい音が出た!」って感じです。

5000を越えると6000まではアッという間でした。気持ち良いと思っているうちに速度も上がってしまい、オービスもあって少し慌てましたが、大丈夫でした。でもまだ3000から5000ぐらいのところは、少し突っかかる感じがするのと、良い感じの音ではないので、(ほんとはその辺が楽しめると安心なんですけど)もう少し、鍛えていかないといけないです。


<水温計について>

145のときは、夏に山道でエアコンをかけると適面に上昇しました。156の場合は高速走行のときは90度より下がるし、エアコンをかけていなくても渋滞にはまると上昇します。常に上下するのでちょっとイライラ。。。。。普通一定なんじゃないの?


<ハト爆弾>

露天駐車場なので、自然の脅威に常にさらされています。
アルファの塗装が弱いのか近隣のハトのアンモニアの威力が強いのか、放置時間が長いと塗装にしみが残ります。

うちの車は黒なので私はあんまり気にしませんが、旦那さんの繊細な神経を悩ませているようです。
その結果、ファミレスで出される紙製のお絞りはお持ち帰りが約束になりました。2人のかばんには常にそれが携帯されています。


< 燃費について>

これについては、かなりイライラすることが増えました。

旦那さん一人で乗ったときにガソリンが減っているとかなり怒ります。先日は遂に、1回分旦那さんのおこずかいで出してもらいました。現在リッター6キロ・・・この先少しは良くなるのでしょうか?

もどる